在留資格、京都

HOME > 『定住者』資格

定住者とは

「定住者」とは、法務大臣が特別な理由を考慮し一定の在留期間を指定して居住を認める者をいいます。在留中の活動に制限がないことは「永住者」と同じですが、在留期間の制限があり、在留期間の更新申請をする必要があります。

「定住者」には、告示定住者と非告示定住者があります。「定住者」として在留資格認定証明書交付の申請ができるのは、告示定住者に限られます。

 

☆告示定住者

1号定住者 : 告示の要件を満たすインドシナ難民

 

2号定住者 : 告示の要件を満たすヴィエトナム難民の家族

 

3号定住者 : 日本人の子として出生した者の実子 (素行が善良であることが必要)

①.国籍離脱をしていない日本人の孫(日系3世)

②.国籍離脱をした元日本人に、日本国籍離脱前に生まれた子がいた場合、その子の実子(日系3世)

③.国籍離脱をした元日本人に、日本国籍離脱後に生まれた子(日系2世)

     *①、②の場合の2世が日本在留を希望する場合、在留資格は「日本人の配偶者等」に該当します。

 

4号定住者 : 日本人の子として出生したものでかつて日本国民として本邦に本籍を有したことがあるものの実子の実子 (素行が善良であることが必要)

①.国籍離脱をした元日本人に、日本国籍離脱後に生まれた子(日系2世)の実子 (3号定住者③の実子)

 

5号定住者 : 

①.日本人の子として出生した者として、在留資格「日本人の配偶者等」を有する者の配偶者

②.定住者の配偶者

③.3号定住者、4号定住者の配偶者

 

6号定住者 : 

①.日本人・永住者・特別永住者の扶養を受ける未成年で未婚の実子

②.定住者の扶養を受ける未成年で未婚の実子

③.3号定住者、4号定住者の扶養を受ける未成年で未婚の実子

④.日本人・永住者・特別永住者・定住者の配偶者のみの実子(配偶者の「連れ子」)の場合で、かつ、当該配偶者が「日本人の配偶者等」または「永住者の配偶者等」の場合に、当該配偶者の扶養を受ける未成年で未婚の「連れ子」

 

7号定住者 : 養子

①.日本人・永住者・特別永住者・定住者の扶養を受ける6歳未満の養子

特別養子ならば年齢に関係なく、「日本人の配偶者等」に該当します。

 

8号定住者 : 中国残留邦人とその親族

 

 

☆非告示定住者 特別な事情を考慮して入国・在留を認めることが適当な者

Ⅰ.日本人・永住者・特別永住者と離婚または死別後、引き続き在留を希望する者

①.独立の生計を営むに足りる資産または技能を有すること

②.日本人、永住者、特別永住者との間に出生した子を日本国内において養育している等在留を認めるべき特別な事情を有している者であること

③.日本人・永住者・特別永住者と離婚または死別するまでに概ね3年以上これらの者の配偶者として在留していたこと

 

Ⅱ.日本人の実子を扶養する外国人親

①.独立の生計を営むに足りる資産または技能を有すること

②.実子の親権者であることおよび現に日本国内において相当期間当該実子を監護養育していることが認められること

 

Ⅲ.就労資格を有する外国人の実親

「特定活動」の可能性もあります。

 

 

京都長岡京駅よりすぐ!お気軽にお電話下さい!

freebana.jpg

muryousoudan2.jpg