在留資格、京都

HOME > 家族滞在

『家族滞在』とは

「教授」「芸術」「宗教」「報道」「投資・経営」「法律・会計業務」「医療」「研究」「教育」「技術」「人文知識・国際業務」「企業内転勤」「興行」「技能」「文化活動」「留学」の在留資格をもって日本に在留する人の扶養を受ける配偶者又は子には、『家族滞在』の在留資格が付与されます。『短期滞在』者や『就学』『研修』の資格で在留する人の配偶者又は子には、『家族滞在』の在留資格は付与されません。

在留期間は、原則として扶養する配偶者又は親の在留期間と同じ期間になります。

『家族滞在』の活動範囲は、配偶者又は子として行う日常的な活動となっておりますので資格外活動許可を得なければ収入を伴う活動や報酬を受ける活動はできないものとなっております。また、相当額の収入を得るような場合、被扶養家族とは認められず、資格を失うことになります。

 

家族の範囲

「配偶者」には、夫又は妻のいずれが扶養するかは問われません。

「子」の年齢は問われません。また、「子」には、実子に限らず養子も含まれますが、養子縁組をしていない配偶者の連れ子は該当しません。

 

許可基準

申請人が上記の在留資格で在留している者から扶養を受けていること。

 

扶養者が日本で就職したばかりの場合や、婚姻して間もない場合、一時帰国回数の少ない方などは、特に慎重な書類作成が必要となります。経験豊富な田中事務所にご相談ください。

 

 

京都長岡京駅よりすぐ!お気軽にお電話下さい!

freebana.jpg

muryousoudan2.jpg