在留資格、京都

HOME > 在留特別許可

在留特別許可とは

オーバーステイや不正な旅券による不法入国など退去強制事由に該当する人が、特別な事情により、日本に引き続き在留を希望する場合、法務大臣は在留を許可すべき事情があると認めるときは、その人の日本への在留を特別に許可することができるとの規定があります。

在留特別許可という在留資格があるわけではなく、在留特別許可を受けた人には、新たに在留資格、在留期間が決定されます。

在留特別許可は、退去強制事由に該当する人が、事情を考慮して、在留を特別に許可してもらえるよう嘆願し救済を求めるもので、あくまでも例外的な人道的救済措置のひとつです。したがって具体的な許可基準等は公表されておらず、事例ごとに判断されるので、必ず許可されるものではありません。

 

許可事例

日本人や永住者・定住者との婚姻、日本人の子供を養育している場合は許可となる可能性が高いといえます。しかし、これらの場合も婚姻の実態、経済的な安定、善良な素行などが審査されます。

在留特別許可は、出頭する方の事情に沿った最適な書類作成と準備が重要となります。原則として一回限りの手続となりますので経験豊富な田中事務所にご相談ください。

 

京都長岡京駅よりすぐ!お気軽にお電話下さい!

freebana.jpg

muryousoudan2.jpg