各種許可申請、京都

HOME > 飲食店

飲食店を始めようとするとき

一般的に飲食店と言われる、レストラン・居酒屋・ラーメン店・そば屋・弁当屋・惣菜屋など、食品を調理し、設備を設けてお客様に飲食させる営業をする場合は、食品衛生法上の、「食品営業許可」を取る必要があります。窓口は保健所です。

この許可を受けないで飲食店等の開業をしてしまうと、営業停止となり、行政処分や処罰の対象となる場合がありますので十分ご注意下さい。

 

許可の要件

(1) 申請者が次に挙げる欠格事由に該当しないこと

①過去に食品衛生法に違反して刑に処せられ、その執行を終わり、又は、執行を受けることがなくなった日から起算して2年を経過しない者。

②過去に食品営業の許可を取り消され、その取消の日から起算して2年を経過しない者。

(2) 食品衛生責任者を置くこと

(3) 店舗施設が基準を満たすこと

 

 食中毒などを防止するために、細かい施設基準が設けられています。飲食店を開業したい方は、事前にご相談ください。

 

行政書士田中事務所では、「食品営業許可」の申請のほか、会社設立、経理記帳代行、資金繰りなどのご相談もお受けいたしております。新規に会社を設立して、飲食業を営もうとお考えの方、先ずはご相談ください。初回相談無料!!

 

 

京都長岡京駅よりすぐ!お気軽にお電話下さい!

freebana.jpg

muryousoudan2.jpg