建設業許可、京都

HOME > 競争入札等参加資格審査

競争入札等参加資格審査とは

公共工事を受注するためには、「入札」という関門を通過しなければなりません。建設業者の施工能力等を判断し、適正に発注するため、参加資格を有した業者だけが入札に参加できます。

建設業の許可を受けた業者は、事前に「経営事項審査」を申請し、一定の評点を受け、施工実績をクリアしたうえで、官公庁に「競争入札等参加資格審査申請書」を提出します。

競争入札参加資格を得ると、有資格者名簿に登録され、入札に参加できるようになります。

 

 

経営事項審査とは

経営事項審査は、競争入札等参加資格審査において客観的審査事項に当たるものです。建設業者の経営状況、技術力などを審査し、点数化します。

 

 

 

京都長岡京駅よりすぐ!お気軽にご連絡下さい!

freebana.jpg

muryousoudan2.jpg