行政書士,京都,長岡京

HOME > 建設業許可とは

建設業許可とは

建設業を営むにあたっては、28種ある建設工事の種類ごとに、国土交通大臣または都道府県知事の許可を受けなければなりません。

但し、軽微な建設工事のみを請負うことを業とするものは、許可を受ける必要はありません。軽微な建設工事とは、一件の請負代金の額が、500万円未満(建築一式工事にあっては1,500万円未満)の工事、又は延べ面積が150m2未満の木造住宅の工事をいいます。

 

建設業許可の種類

 ☆大臣許可と知事許可

●大臣許可 ・・・ 2以上の都道府県に営業所を設ける場合

●知事許可 ・・・ 1つの都道府県の区域内にのみ営業所を設ける場合

 

 ☆特定建設業と一般建設業

●特定建設業 ・・・ 発注者から直接請け負った建設工事に付き、合計額が3,000万円(建築一式工事に関しては4,500万円)以上の下請け契約を締結する場合

●一般建設業 ・・・ 特定建設業以外の場合

 

建設業許可の要件

① 経営業務の管理責任者がいること
 専任技術者営業所ごとにいること
③ 請負契約に関して誠実性があること
④ 請負契約を履行するに足る財産的基礎又は金銭的信用を有していること
 許可を受けようとする者が欠格要件に該当しないこと

 

京都長岡駅からすぐ!どうぞお気軽にご相談下さい!

freebana.jpg

muryousoudan2.jpg